5月 | 2017 | 伏見区の美容室 美容院COLZA コルザ オフィシャルサイト

京都・伏見の小さな美容室 CORZA(コルザ)

ブログ

2017年5月31日

テーマ:タイガーブログ

母親と比べると・・・・・残念な位置付けの父親。

 

いやいやいやいや、感謝はしているんです。

 

ですが、母が思いの外、早く亡くなったってこともあって、

 

元気な父のことは・・・

ありがたみにかけてしまう・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

っと思っていたのですが、今日の私は一味違って・・・

 

 

 

父には心から感謝をしています。

 

我ながらいうのはなんですが、自慢の父で、

友達のお父さんに比べたら、

格上の男前。

 

背も高くって、足が長くって、小顔。

 

長岡のアランドロンっと噂されるような男前でしたし、

なんと子煩悩。

それはそれは、いろんなところに休みのたびに遊びに連れて行ってくれた、

そんな父でしたd(ゝ∀・*)

 

父親ッ子でしたね。母はお店が忙しくって、ほとんど、休みに一緒に出かけた記憶がなくて、

カットのセミナーにはついて行ってたような記憶∩^ω^∩

 

 

そんな父はもう77歳。今年78歳。

 

まあ、立派なおじいちゃんになりました・・・。

 

アランドロンは・・・何処・・・・・・・・・・・゚・。・(ノ∀`)σ・。・゚

 

 

 

うちの父、77歳、現役です。

 

朝、7時半に家を出て、自宅に戻るのが、18時

働いてるんですよね!技術職で。

 

まあまあ、あてにされていて、先日なんて指を負傷して、ヒビが入り、お休みする!って職場に電話かけいるにも関わらず、上田さん、いつ来るの???

 

頻繁に職場から電話が入る、人気者なんです。d(ゝ∀・*)

 

 

 

 

父は人が嫌いだと思ったことがないんですって。

職場で仲間とうまくやれへんとか・・・考えられない人。なんです。すごいでしょ!!!( •ॢ◡-ॢ)-♡

 

 

それぞれ癖はあるけど・・・それはそういう癖があるだけで・・・悪い奴じゃない!

 

っていう発想。

 

 

だから誰とでも、屈託なく話しかけに行き、すぐにおともだちを作ってくる・・・

そんな人。

 

 

 

 

そんな父の言葉で、絶対に忘れない言葉があって・・・

 

あれは、私が離婚したいと父に電話で初めてそのことを打ち明けた時のこと。

 

 

そんなに辛いなら、帰ってきたらええやないか!

その代わり、俺はお前とは一緒に苦労を背負ってはやれへんで・・・

俺は、お前より、残念ながら、先に死ぬからな・・・

一緒に背負ってはやられへんけど、

それでもええなら、いつでも帰ってきたらええ。

 

 

 

かけがえのない父の存在を・・・今日改めて、かみしめております。

 

大切にしなあかんな!今日は父のことがずっと頭にあったのでブログにしてみました。

 

 

結局、私は、あの時と同じように、父に甘えて生きてます。

 

いつまでもあの時のまま・・・・・

 

 

 

もう直ぐ父の日🍀

 

 

 

 

 

2017年5月30日

さよなら!大切な人。

テーマ:タイガーブログ

今日は大切な大先輩の49日でした。

 

出会いはね、フェイスブック。

 

実際、お会いしたことも直接お声を聞いたこともないんです。

 

 

或る日突然メッセージが入りました。

 

今、俺、日本一美味しい長岡京市の小倉山荘の煎餅食ってるんですよ!

 

って。(´∀`)(私長岡京市が、出身であり、地元です)

 

俺はつるむのが嫌いでな、眞弓ちゃんみたいに一人で頑張ってる子見たら、応援したくなるんよ!

そやけどな、美容師は体が資本。くれぐれも体にだけは気をつけて、

また京都行くときには、勉強させてください!

 

ってきたんです。

 

その時は、変なおっちゃんやなって思ったんですけど、

私のような弱小な、わがままに生きている美容師に、心を添えてくださることが嬉しくて・・・

メッセージを読みながら、涙が出ました。

 

こんな風に、いつも心を開いて、ただ相手のことだけを思いお声をかけてくださること…って、

 

誰もが出来ることではないはずです。

 

 

 

ですが、例えば、今日がもしも、生きる最期の日なら、

 

と、

 

私は何事もいつもそこの視野に立ちます。

 

 

 

10年後ではなく、今日。

 

人の命は、明日の保証はないからです。

 

明日なんて、無い!

 

 

 

だから、今思うことはすぐに始めます。

 

 

 

私は大事な友人を失くす前日まで、彼女と大笑いで話していました。

 

 

亡くなった兄は

自分の物差しで、相手を判断することなんて、出来へんやろ?お前はその人の痛みをすべてわかってあげられるか?わからへんやろ?だから、お前の良いが、全てじゃない。

 

と話してくれました。

 

いとこの兄も、

お前には親父がいて、母親がいるからな、片親の寂しさなんて、わかりっこない!わかるわけがない!だから、精一杯働いて、どんなことしてでも、娘、守ったれよ!それが、お前の人生の役目やで!

 

と、叱ってくれました。

 

 

私の恩師は、私にタイガーという🐯素敵な名前をくれました。

 

 

母は、美容師でいること、幸せになることを最後まで応援してくれました。

 

 

 

 

 

大切な人は、私に沢山の知恵や、優しさをくれました。

 

 

人として、生きていくのに、

大切な何かを教えて、

 

生きるということの有難さを残して、置いていってくださいました。

 

 

 

 

 

…私は本当に沢山の人に守られて、ここまで生きて来られたんだな!

 

 

そう感じる30日の夜です。

 

 

そして、今日を生き抜く!!!

 

 

 

 

親愛なる、越智先生。

 

心から感謝を込めて❤️

 

感謝合掌。

 

 

 
GO TOP